Yes ロリータ no タッチ。 Yes!ロリータ!No!タッチ!!なつによるそんなこんな活動記

やはり俺の東方projectは間違っている

平って名前なのに胸あるじゃねぇかよ。 故に彼は早々に工房を引き払い、適当なビジネスホテルを貸切り、其処にひたすら隠蔽と感知、そして時間稼ぎのみを重視した物を設置した。 女は妃だった。 あの時は俺の目も腐って無かったよな。 。 最早病み付きになり、完全にその刺激の虜になっていた。 いや、タッチしちゃダメだろ。

>

Yes, Lolita. No, Touch!(イエス、ロリータ。ノー、タッチ!)

」 と俺と同じような反応をして、諏訪子が目を輝かせながら上目遣いで見つめてくる。 男がこの世界に再び足を踏み入れる切っ掛けを作った 半死半生の男 雁夜 は、何とも形容出来ない表情で頭を抱えることだろう。 舌のさきが口蓋を三歩進んで、三歩目に軽く歯にあたる。 一色よりあざといな。 「そういえば諏訪子の能力って何なんだ?」 「露骨に話題そらしたね!まぁいいや。 ロリ子」 と俺がからかうと諏訪子が頬をプクーっと膨らませて怒ってくる。 あ、この時代まだ警察いませんでした。

>

湖の求道者

ウラジーミル・ナボコフ 著 大久保康雄 訳 ロリータ冒頭より。 しかし、 『しかしのマスターよ。 「……ッ」 惨殺としか言えない末路、しかし満面の笑みの死に様に戦慄する。 最上階を貸し切って敷かれた、神童と称されるケイネス自慢の魔術工房による迎撃システムは、一流と呼べる魔術師でも攻略は困難を極めるだろう。 そして、此処に契約は完了した。

>

【ロリータ】ロリコンの語源にもなった少女性愛小説【ウラジーミル・ナボコフ】|フルフルライフ

自らの一時の欲望の為にこの先の自分の人生を無駄にしてしまうだけではなく、相手の人生を傷つけたり他のロリコン紳士達の妄想すら規制されてしまう未来を想像すれば、妄想に留めておくべきということはすぐに解るだろう。 勿論正史においてその少年も惨たらしく殺される末路なのだが、しかし目の前で友人の死体とその弟が殺される瞬間を見せられれば、 当時年相応 ・・・・・ の少女は混乱の渦中にいた。 だが、理屈ではないのだ。 諏訪子が顔を真っ赤にして俯いている。 変な想像するな。 ロリータも高飛車な性格だったど、思春期に母が死んで母の再婚相手が自分に性欲向けてきたらそりゃ、すれちゃうよな。

>

「YESロリータNOタッチ!!」は、ロリコンとして守るべき鉄則ですか? ...

「それってどういう能りょグー」 諏訪子のセリフにかぶせて、控えめな可愛い音がお腹の音が鳴る。 と胸を張ってドヤ顔する。 恋は総じて求めたがりだが、ソコはたまの男との食事で満足していた。 「メディアでよく俺のこと悪魔やら何やら言われてるけど、失礼しちゃうよね。 即ち、英霊を召喚する。

>

Yes!ロリータ!No!タッチ!!なつによるそんなこんな活動記

・諏訪子は諏訪大国を収めるロリ神様。 残念だった画質もどうにかなると良いな! なお、プレイ時は以下の縛りを設ける事とする。 「…飯…食うか?」 「…うん、じゃあ宜しく。 少女はかつて女だった時、許されざる恋をした。 しかしケイネスはそうは取らなかった。 最初は五年前、好奇心から人の「死」の意味を知るために姉を殺害し、以来地方を転々としながら殺人を繰り返してきた。

>

Yes!ロリータ!No!タッチ!!なつによるそんなこんな活動記

」 「どういたしまして!」 諏訪子は胸を張ってふふん!とドヤ顔する。 そしてモーさんのマスターはギネヴィアこと氷室鐘ちゃん。 しかし男はそんな野心は欠片も持ち合わせていなかった。 王は機械の如く冷徹になることで、男の護った国を守ろうと悲嘆から目を逸らした。 誰も彼も男に依存していたのだと。 ぱいろん終了まで残りわずかと迫ってきた・・・。 そんな訳で当分の間続きの制作が出来ないため、一旦ここまでの状況で放置しています。

>

Yes!ロリタッチ!:ハービット@ロリコンのブロマガ

本当に心読むとかだったらどうしよう。 俺の扱いがだんだん酷くなってないか?気のせい?うん、気のせいって事にしておこう。 解せぬ。 心読むとかどこのメンタリストだよ。 あれ?なんか俺ロリコンっぽくなってきたかも。

>