プルーム テクトニクス。 出雲の地質★プレートテクトニクス / プルームテクトニクス

丸山茂徳

プレートが湧き上がるところより、マグマが噴出する火山帯の方が目立ちます。 つまり、と同じく、地理的な極も移動して板とするとその軌跡が描ける。 プレートは相互に移動していて、地震や火山などの活動はそのプレートの境界で起きている。 一番有力な説は、潜り込むプレートがその重さで残りの部分を引っ張っているというものである。 はも明らかにした。

>

プレートテクトニクスとプルームテクトニクス

(英語)• スーパープルームの上昇(じょうしょう)によって大陸はもち上げられていきます。 こうした場所では、プレートが潜り込んでいる所でが下に引きずり込まれるために、深い溝のような海溝ができる。 ) こうして、 プレートが動くときに、プレート同士がぶつかるところ( 収束する境界)、プレート同士が離れるところ( 発散する境界)、横にずれるところ( 平行移動する境界)では、 断層が生じて(すでにあったものがさらに動いて) 地震が発生します。 によるの中のページ。 ウェゲナー USGS: ウェゲナー :ウェゲナーのころは、ようやくという地球上部の構造がわかってきたころである。 その当時、私は大学生でしたが、日本地質学会において学者同士が派閥を形成しながらプレートテクトニクスの是非について議論(というかお互いの誹謗中傷の応酬)をしていたことを今でもよく覚えています。 そこで彼の大陸移動説も、シマに浮いているシアルが、シマをかき分けかき分け進んでいくというイメージである。

>

プルームテクトニクス

沈み込んだ海洋プレートがマントル遷移層に滞留するときに生じる亀裂を世界で初めて発見 (独)海洋研究開発機構による。 以下の図は、プルームテクトニクスを模式的に示したものです。 USGS: アフリカの大地溝帯 USGS: アフリカ大地溝帯の不思議な火山オルドイニョ・レンガイ。 これは スーパーコールドプルームと呼ばれ、現在はの側の下に存在している。 大石容子絵 『ココロにのこる科学のおはなし』 〈チャートbooks〉、2006年。 スーパーコールドプルームはやがてスーパーホットプルームに変わり、超大陸を引き裂きます。 こうして数億年という長い時間を経て、断続的にコールドプルームが落ち込んだり、またホットプルームが上昇してきたりするらしい。

>

地球のからくり

超大陸(ちょうたいりく)の分離(ぶんり)と集合(しゅうごう)のサイクルを、スーパープルームとコールドプルームで説明したものです。 写真 ハワイのパホイホイ溶岩(ようがん). ホームズ ホームズのマントル対流のイメージ :オイラー(Leonhard Euler、スイス、1703年~1783年)は、数学史上でもっともたくさんの論文を書いた人ともいわれている。 現在、超大陸はなく、この段階(だんかい)に対応(たいおう)するものはありません。 関連項目 [ ]• 超大陸の下から生まれたスーパーホットプルームが超大陸を引き裂きます。 新事実が盛り込まれる地学 現在の地学では当たり前のものとして取り扱われているプレートテクトニクスは、1960年代の後半以降になって日本に持ち込まれました。 。

>

丸山茂徳

つまり温度差が密度の差を生んで、その密度の差がプレートの運動を引き起こすことになる。 『今そこに迫る「地球寒冷化」人類の危機』 、2009年。 。 これが、アフリカの 大地 溝帯(だいちこうたい)のように、大陸を分裂させる力の原動力ともなります。 2009年10月。 doi: c. c-1. 日本列島のような島弧(弧状列島)においては、衝突している片方(密度の大きい海側のプレート())が、もう一方(密度の小さい大陸側のプレート)の下に潜り込んでいる。 2014年8月27日閲覧。

>

プルームテクトニクスを知っていますか 『地球とは何か』

そして、プレートが互いに離れていく境界の上に大陸が乗っていればその大陸は分裂するし、衝突している境界では大陸(陸塊)同士の衝突が起こることもある。 Plates vs Plumes: A Geological Controversy Foulger,G. だが、カナダの地球物理学者は、中軸谷はプレートが両側に広がっていくところだとすると、中軸谷がずれているところだけ断層運動が生じ、そのずれの動きは中軸谷のずれを生じさせる横ずれ断層の動きと逆であるはずであるといい出した(下図参照)。 しかし、地震観測網の整備により、陸(地震の観測点)から大変に遠い中央海嶺付近で起こる地震は、中軸谷と中軸谷がずれている部分で起きていることがわかってきた。 (マントルの密度や堅さが大きく変化するため) しかしこの堺をこえて、大きく上昇・下降したものを スーパープルームと呼びます。 ここでは地殻はふつうの場所の2倍の厚さである約70kmにもなっている。 2014年6月17日。 地球の表層を水平に移動する10枚程度の プレートをもとにして、地球の変動を説明する考え方です。

>