テドロス アダノム ゲブレイェスス。 WHO事務局長、コロナワクチン公開接種「喜んで受ける」

WHOが信頼を失ってしまった理由がわかる記事まとめ

2018年1月13日閲覧。 世界保健機関事務局長 立候補と選挙 2016年5月24日、第69回世界保健総会 World Health Assembly 会合で、テドロスは、からの支持を得て、唯一の候補者として事務局長に立候補することを公式に発表した。 テドロスは、隠蔽の申し立てを否定し、彼自身が「土壇場の名誉を傷つける政治工作」と呼ぶものについて「まったく驚いていないが、非常に失望している」と述べた。 一方、ソーシャルメディアではテドロス氏をめぐり、支持派と反対派が激しい舌戦を繰り広げているが、テドロス氏自身もこの争いに参戦。 「ウイルスの検知や検査、治療、隔離、追跡を行い、機動的に人員を配備することで、症例数が少ない国はクラスター(集団)形成を防ぎ、クラスターが市中感染に悪化するのを防ぐことが可能だ」とも述べた。 始めたのはカナダ人のようです。 こうした非民主主義国が国際社会の一つの勢力になりつつあるということがわかる。

>

テドロス・アダノム

名指しはしていないものの、専門家の意見を軽視して感染防止策に積極的ではなく、自らも感染したトランプ米大統領やブラジルのボルソナロ大統領らの姿勢に不快感を示した形。 グローバル基金は今後大きな課題に直面する。 ティグレ人として世界で最も知名度が高いテドロス氏は、TPLFのリーダーだったメレス・ゼナウィ(Meles Zenawi)元首相の政権で保健相を務めており、ジュラ参謀長は、テドロス氏を「TPLFの一員」とみなしている。 エチオピア内戦への介入疑惑 2020年11月、政府軍と北部を支配する政党・(TPLF)の武装勢力が開戦。 人から人への感染も確認されていない。 この時、政府側はTPLFにも所属していたテドロスがTPLF側に加担し、エチオピアの近隣国に対して兵器などをTPLF側に供給するよう働きかけたと非難した。

>

WHO「コロナの政治問題化回避を」→ 高須院長「君と中国がすべての元凶」「辞めろよテドロス」

5%が10km以内にヘルスケアサービスを提供された。 結核 テドロスの在任中、結核予防および治療は健康増進のための労働者による包括業務の1つとして含まれていたため、パフォーマンスが大幅に向上し、結核のMDG目標時間よりもかなり早く達成された。 高価な病院を建設するのではなく、35,000人の医療従事者を訓練するプログラムを立ち上げた。 ゲブレイエスス事務局長はスイス・ジュネーヴでのテクニカル・ブリーフィングで、湖北省武漢での中国当局の対応を称賛した。 Ethiopian Ministry of Foreign Affairs. McNeil, Donald G. 国際協調主義を掲げて問題解決を重視するなら比較的新型コロナをうまくコントロールすることに成功している台湾の智恵と経験は重要な資産になり得るからである。 この傾向が続くかどうかを判断するのは時期尚早で、すべてのシナリオを検討している」と話した。 台湾もトランプ氏と同じくWHOとテドロス氏を批判。

>

世界保健機関(WHO)次期事務局長にDr. テドロス・アダノム・ゲブレイェスス 元エチオピア保健相・外務相を指名

2010年4月に公開されたプロフィールで、の報告によると、テドロスが理事会議長として選出される前は「グローバル基金事務局の一般名」であったが、彼のリーダーシップによりエチオピアの発展が模範として挙げられるようになったことが、グローバル基金で定期的に引用された。 選挙運動のトップはエチオピア系アメリカ人弁護士と、産婦人科教授であるSenait Fissehaだった。 2017年6月29日閲覧。 1997年に博士課程の一環としてコースを受講したスウェーデンのウメオ大学から、2018年10月、名誉医学博士号を授与された。 これに対し、テドロスはで内戦への関与を否定し、エチオピアの全当事者に平和と市民の安全、人道支援へのアクセス確立を呼び掛けた。

>

テドロス・アダノム

2012年11月、テドロスは、党首(兼首相)として承認された後、の内閣改造の一環として、に任命された。 2017年5月23日閲覧。 国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長も務めた。 テドロスはまた、米国に本拠を置くロビー活動会社であるMercury Public Affairsも登用した。 2017年10月、シニアリーダーシップチームを発表した。 テドロスは、を卒業後、1986年に保健省に入った。

>

世界保健機関(WHO)次期事務局長にDr. テドロス・アダノム・ゲブレイェスス 元エチオピア保健相・外務相を指名

緊急事態宣言が出されれば、昨年7月のコンゴ(旧ザイール)でのエボラ出血熱以来となる。 アメリカは7月6日、WHOからの脱退を国連に通知。 (各国が能力を向上すれば)感染症予防だけでなく、流行後の社会の立ち直りも速い」と話していました。 」と評した。 テドロス氏は2017年、WHO事務局長選挙の土壇場で、対立候補だった英国のデビッド・ナバロ()氏の顧問の一人に、エチオピアで発生したコレラの3度の大流行を隠蔽(いんぺい)したと非難された。 2012年 世界を変える50人のうちの1人 テドロスは、英国のによる「2012年 世界を変える50人」の一人に選ばれた。

>

テドロス・アダノム 中国との関係?エチオピアという国柄や発言から起きる疑惑【WHO:世界保健機構】|【ネタなる】話題のあれこれ、ネタになることまとめブログ

テドロス氏は、 WHOが先週、新型ウイルスが世界に及ぼす危険性について、3種類の報告書で「高い」とせず「中程度」としたことに言及。 選挙期間中、彼女はスーザントンプソンバフェット財団の国際プログラムディレクターでもあった。 「エチオピアは、熟練した医療従事者の不足、離職率の高さ、医療従事者の定着不足など、医療の人材に関連する多くの課題に直面している」と主張している(p. エチオピアは、国際保健パートナーシップ署名した最初の国である。 極めて非民主主義国的なやり方だ。 (感染拡大を)食い止めるだけの現実的な可能性はある」として、加盟国に対して、知見の共有や封じ込めに向けた財政支援を求めた。 2017年2月22日時点のよりアーカイブ。 現在の傾向に基づいた予測では、避妊具使用率は、620万人の女性と思春期の少女に到達することにより2015年までに65%に達するとされた。

>