明智 光秀 出身 地。 謎の光秀出生地に新説、岐阜でなく滋賀? 新たな古文書発見|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞

明智光秀ゆかりの城は? 2020年に訪れたい注目の城

朝倉義景が滅んだ際、明智光秀は織田信長の家臣の柴田勝家に東大味の住民を避難させるよう安堵状を出したといわれています。 光秀の母は明智家当主・光綱の妹で多羅城の進士氏に嫁ぎますが、明智光綱に子どもがなかったので光秀を養子として明智家に渡したと言われています。 また、父親の名前も伝わらない低い身分の土岐支流とも言われている。 明智光秀の次男 軍記物「明智軍記」では、明智光秀の次男として十次郎光泰が登場し、その幼名は「自然(じねん)」だと記されています。 軍勢には「から使いがあり、信長が明智軍の陣容・軍装を検分したいとのことだ」として京都へ向かったという。 光秀=天海の生存説も 光秀が山﨑の戦いの後、名を変えて生きていたという生存説がいくつかあります。

>

明智光秀の生誕地は一体どこ?

光秀の出生地候補の滋賀県多賀町 滋賀県多賀町佐目にも光秀の出生地説があります。 鳥居をくぐって十二相神社へ向かいます。 しかも、中途採用で信長軍に加わった光秀は外様として、他の武将たちから一線を引かれていたようです。 やがて坂本城が包囲され、光秀が集めた財宝が失われるのを惜しみ、目録を添えて包囲軍に渡した(『川角太閤記』)。 十二相神社は、犬上川沿いにある、佐目集落の小高い森の中にあります。 一時期は有力な説として注目されていたが、立花が「イエズス会説」に転換した現在、この説を唱える研究者はほぼいない。

>

【滋賀県】多賀町佐目の明智光秀の出生の地と言われている、十二相神社を訪れて

無名の人物が勝手に明智を名乗っていたという可能性がないわけではありませんが。 光秀は、明智十兵衛光秀という名であり、普段は「十兵衛」と呼ばれていたと云われています。 永禄13年()正月に信長は義昭の権限を規制するを通告するが、宛先は光秀とで、義昭は承諾のを袖に押し信長へ返している。 この記事の目次• 天正10年3月5日(1582年3月28日 )、との最終戦であるでは信長に従軍する。 武勇に優れた土岐氏は繁栄し、明智家という庶流が派生したと考えられます。 その他の史料では明智光秀の五男として「自然(じねん)」の名前が登場しますが、こちらでは本能寺の変、山崎の合戦後の坂本城落城で死亡したと記録されています。 明智光秀の生誕の城ともいわれているが一般的に岐阜県可児市のほうの明智城、土岐一族の明智氏出身とされているようですね。

>

明智光秀の出生地|可児市明智荘、恵那市、山県市、多羅城、滋賀県多賀町

この説は、光秀は信長の命とともにその将来構想(独裁者の暴走)をも永遠に断ち切ったと主張する。 足利義昭・織田信長への両属状態から織田直臣へ [ ] その後、義昭と信長の両属の家臣となり、永禄11年9月26日(1568年10月16日 )の義昭の上洛に加わる。 貧窮した生活の末、越前国(福井県)の朝倉義景に仕えます。 - 忠興のであるの家系。 『明智氏一族宮城家相伝系図書』によると、数代前から明智家と進士家は親戚関係であるそうです。 。 土岐明智氏の直系であれば奉公衆などに採用されたかもしれません。

>

明智光秀ゆかりの城は? 2020年に訪れたい注目の城

信長は午年生まれですから。 そして、十二相神社に明智光秀の魂が宿っているような気がしました。 特に縁戚関係にあった細川藤孝・忠興父子に対しては「家老など大身の武士を出して味方してくれれば、領地は摂津か、・若狭を与え、他にも欲しいものがあれば必ず約束を履行する。 近江国に5万石を拝領し、居城・坂本城を築いて順風満帆です。 そのほかにも、飛ぶ鳥を撃ち落としたという逸話もある。

>

明智光秀ゆかりの城は? 2020年に訪れたい注目の城

妻は妻木煕子。 これを補強して従来の諌止説を覆したのが、叡山焼き打ち10日前の9月2日付けのの土豪・和田秀純宛の光秀書状で、比叡山に一番近いへの入城を命じ「仰木の事は、是非ともなでぎりに仕るべく候」と非協力な仰木(現・)の皆殺しを命じており、叡山焼き打ちの忠実かつ中心的な実行者だと判明した。 『老人雑話』には「明智(光秀)、始め(は)細川幽斎の臣なり」とあり、両者の上下関係は歴然としていることから、細川幽斎には光秀の支配下に入ることを潔しとしない風があったとされている。 朝倉義景からは二十貫を賜って屋敷も与えられた• 光秀はこの後、同年6月8日に安土を発って、同年6月9日には宮中に参内して朝廷に銀500枚を献上し、やにも銀各100枚を献納、勅使の兼見にも銀50枚を贈った。 光秀の生まれた年を一番有力な説である1528年だとすると、光秀が約30年間を過ごしたとされる明智城付近は、現代では明智城址散策道として整備され、春から秋にかけてハイキングコースになっています。 子には、嫡男・光慶(十五郎)、三女・玉(ガラシャ)がいます。 おそらく近隣の寺院から集められたもので、その理由には諸説ありますが、この地の旧勢力の象徴であった寺院を破壊し、石垣に組み込むことで支配を示そうとしたものと考えられています。

>