天満 中学校。 太成学院大学高等学校

天満中学(大阪市北区)の口コミ12件|みんなの中学校情報

〒530-0025 大阪市北区扇町2-7-24 TEL:(06)6363-0192• 稲美中央病院• 文化系• 1994年 - 統合校の校名が「大阪市立天満中学校」に決定。 4月4日 - 菅南中学校、神山町に移転。 バスケットボール部• 中央区• 母里小学校区は稲美中学校の北部に位置し、豊かな農村地域で水稲・野菜(キャベツ、トマト、メロン)等が多く栽培されており、専業農家も多い。 学区の可能性が高いエリアは、より濃いオレンジ色で色塗りされています。 城東区• 4月4日 - 菅南中学校、神山町に移転。

>

大阪市北区校区表(通学区域一覧)

特進コースI• 剣道部• 稲美町立図書館• 豊かな心と人間性の涵養に努める教師• - 政治家(旧菅南中学校) 交通 [編集 ]• 4月1日 - 菅南中学校夜間学級を設置。 夜間学級も同時に開設。 なお旧扇町中学校敷地は、中学校の南隣にあったの建て替えに伴う敷地として提供され、現在は北野病院となっている。 関連項目 [編集 ]• 浪速区• 西淀川区• 鴻池新田駅バス停下車 徒歩約5分 関連項目 [ ]• 地域住民も学校に協力的であり、(平成10年)度から実施された、中学生の地域活動週間としての「」事業にも積極的に協力し、年々生徒たちが活動する場や指導ボランティアの数も増加してきている。 11月 - 扇町中学校、大阪市教育委員会の研究校に指定され研究発表を実施。

>

稲美町立稲美中学校

4月1日 - 旧菅南中学校跡に建設した新校舎が完成し、現在地に移転。 4月1日 - 北第一中学校から、大阪市立北第二中学校(現在の)が分離。 天王寺区• 高等学校新校舎完成 教育課程 [ ]• 菅南中学校には1970年に夜間学級が設置されている。 4月1日 - 旧菅南中学校跡に建設した新校舎が完成し、現在地に移転。 此花区• 関連項目 [ ]• 12月には新設校の校名と校区が決定し、付で大阪市立天満中学校として開校した。 1994年 - 北区役所、天満中学校の校区を告示。 さらに、私の学年だけでも、一桁台の点数の人はいて総合点数が100越えない人もいますし、馬渕に通っている人はかなり多いため、この中学校で伸びるというよりかは元々成績の良い人が多いと言えます。

>

大阪市立天満中学校

、、、、、などの地域が校区に含まれる。 ふれあい交流館• 第8代:後藤哲夫(着任)• 西へ約250m。 校舎内には3基のエレベータも設置されている。 その後1968年に北区神山町(現在の天満中学校敷地)に移転している。 ・ 通学区域は、地域によって「学区」「校区」「校下」等の通称が使用されていますが、当サイトでは主に「通学区域」「学区」を使用しています。 しかし都心部のドーナツ化により、に大阪市学校適正配置審議会が、北区の3中学校(菅南・北稜・扇町)の生徒減少を踏まえ、学校規模適正化が望ましいという答申を出した。 12月には新設校の校名と校区が決定し、付で大阪市立天満中学校として開校した。

>

天満中学校(大阪府大阪市北区)

硬式テニス部• その後1968年に北区神山町(現在の天満中学校敷地)に移転している。 特進コースII• 1995年4月1日 - 大阪市立天満中学校が開校。 4月 - 菅南中学校、大阪市教育委員会からの研究校に指定される。 (元投手)• 一方で大阪市立扇町中学校は1949年4月、大阪市立北第三中学校として創立し、同年10月に扇町中学校に改称している。 東淀川区• 菅南中学校には1970年に夜間学級が設置されている。 そして、学力が高いイメージというのは、この中学校で成績が伸びるのではなく、やはり元々成績の良い人が入ることが多いです。

>

天満中学校(大阪府大阪市北区)

外部リンク [ ]• いなみの体育センター• 大阪市立菅南中学校『菅南の足跡:平成七年三月閉校記念』、1995年。 (陸上競技選手)• 大阪市北区扇町2-4-15 外部リンク なし テンプレートを表示 本項では前身校の沿革についても述べる。 旧扇町中学校校舎を仮校舎とする。 - 菅南・扇町の2中学校の統合が合意される。 に菅南中学校・扇町中学校の統合についての基本合意が成立し、2校の対等統合で中学校を新設することが決定した。 コース 部活動 [ ] 水泳部や野球部は特に活発であり、出場選手や選手も輩出している。 稲美分署 関連項目 [ ]• 旧扇町中学校跡(北野病院、2009年) 年表 [ ]• - 政治家(旧菅南中学校) 交通 [ ]• 淀川区• 学区内町名• いなみアクアプラザ• 長らくの間男子校であったが、現在は男女共学となっている。

>

大阪市立天満中学校

第11代:石原克哉(着任)• 大阪市立菅南中学校『菅南の足跡:平成七年三月閉校記念』、1995年。 外部リンク [ ]• 概要 [ ] 学校法人天満学園が運営している。 旧扇町中学校跡(北野病院、2009年) 年表 [編集 ]• 東成区• 使命感と倫理観を持ち、生徒一人一人の良さや可能性を引き出す教師• 稲美町立天満東小学校• には、扇町高等女学校()の旧敷地(北区扇町2-4-15)に移転した。 (選手)• 1949年 - 北第三中学校が大阪市立扇町中学校に改称。 4月 - がに大阪工学校を開校• 2008年北京五輪400mメドレーリレー銅メダリスト・2012年ロンドン五輪400mメドレーリレー銀メダリスト)• になり、菅南・扇町の2校統合の統合構想が具体化した。 教育方針 [ ] 教育目標 [ ]• (サッカー選手)• 創立当初は北区全域を校区としていたが、翌に大阪市立北第二中学校(現在の)を分離した。 (元阪神タイガース外野手)• 剣道場• 4月の学制改革の際、北区(当時の区域)で唯一の中学校として大阪市立北第一中学校(のちの大阪市立菅南中学校)が創立した。

>

太成学院大学高等学校

南へ約350m。 ともに学びあい、支え合い、高めあう学校• 4月 - 学校法人大阪天満学園に組織変更• 建て替え前の旧北野病院敷地は、大阪市と北野病院が土地を交換する形で大阪市の市有地となり、2小学校統合で新設されたの敷地となった。 - 扇町中学校、生活指導の研究校に指定される(1991年度まで)• 4月 - 本校の起源である大阪工学校の流れを汲む総合工学科()の生徒募集停止• 4月 - 太成中学校を併設• 一方で大阪市立扇町中学校は1949年4月、大阪市立北第三中学校として創立し、同年10月に扇町中学校に改称している。 大阪市北区扇町2-4-15 外部リンク なし 本項では前身校の沿革についても述べる。 (陸上競技選手)• 下車 徒歩約5分• 5月 - 扇町中学校、大阪市教育委員会の数学教育研究校に指定される(1987年度まで)。

>