検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます twitter。 #検察庁法改正案に抗議します デモで知った小さな声を上げることの大切さ

検察庁法改正ツイッターデモ、背景は コロナ禍も影響? [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

黒川検事長の定年延長問題は、上記のような慣例違反を超えて、法律の規定さえも無視(違法)している点で常軌を逸しているのです。 まとめ:「検察庁法改定に反対する者が数百万人」というのはフェイク• 犯罪が正しく裁かれない国で生きていきたくありません。 つまり、「捜査による真実発見」と「国民の人権侵害」は対立し緊張関係にあり、検察の暴走を止める役割が行政府には求められます。 — Kicchan bacdao つまり、「 検察庁法 改正案に抗議します」と「 検察庁法 改正法案に抗議します」の違いです。 ねとらぼさんの利用したツールではどの時間帯からスパムツイートが行われていたかを調べることはできなかったのでしょうか?(ねとらぼさんを責めるつもりはなく、より厳密な調査をするなら、という意味で) 『 検察庁法改正「法」案に抗議します』等でもトレンドに上がったので民意? 同じ事が『 検察庁法改正「法」案に抗議します』にも言えます。 また、こうした左翼の工作活動は、最近でも明らかになっている。 10日から11日にかけ、こうした著名人の投稿やメディア報道を受け一気に数字を伸ばしていったことがわかる。

>

「検察庁法改正案に抗議します」ねとらぼがツール調査でスパムが4.87%と算定

現在のコロナ禍で、国会で審議されている法案「検察庁法改正案」に反対するTwitter内の抗議活動です。 『 検察庁法改正「法」案に抗議します』等でもトレンドに上がったので、それは純粋な民意だとする人が居ます。 それ自体は高齢化社会への対応として一見妥当に見えますが、大きな問題が以下の部分。 野党側は森雅子法相が出席した形での審議を求めたが、与党は応じないまま8日に強行する形で委員会審議が始まった。 (Twitter画面より筆者作成) しかし、高橋氏が言う、「検察官だけが定年延長できないのは不当な差別」というのは、検察官の職務の実態を全く知らない的はずれの意見だ。 7日間スパンの場合には2時間ごとの件数が表示されます。 さらに、無視できないのは、著名人ではない人による拡散の影響力だ。

>

指原莉乃さん「検察庁法改正ハッシュタグ依頼あった」はミスリード。実際はツイッター上での返信レベルの話(篠原修司)

「政治の話はいつもはしないけど、これは黙っておけない」「コロナのどさくさ」「国民が感染症で苦しんでいるのに」といった投稿も目立った。 」と述べているが、まさにその通りの工作活動だったというわけだ。 (回答)堀江貴文さんのTwitterの発言は以下のとおりです。 憲法学の第一人者である芦部信喜は「検察作用は裁判と密接にかかわる準司法的採用であるから、司法権に類似する独立性が認められなければならない」と述べているとおりです。 だけどやっぱり私はまだそこまでの、固い信念を持つほど勉強できてなかった」 東野幸治「なるほど。

>

小泉今日子が潮目を変えた…「#検察庁法改正案に抗議します」のうねりを検証する

なお、私はよく堀江貴文さんの動画等を拝聴し勉強させて頂いております。 でもこの言葉を見てから、 声を上げるハードルがすごく下がったのを覚えています。 ずっと家にいて暇だったので、の動画を見たり、北海道放送制作のドキュメンタリー「」を見たり、ニコ生の安倍首相の番組を見たり、政治について気になることを調べるようになりました。 すみません、名前を間違えたので、削除して再投稿します。 — Testosterone badassceo. 「 検察庁法改正案に抗議します」を含むツイートがTwitterトレンドに上がり、その数が膨大であるとして複数メディアで報道されていますが、大量スパムが原因で削除されていることと、Twitterトレンド欄の見方が正確に伝わっていないので整理します。

>

指原莉乃さん「検察庁法改正ハッシュタグ依頼あった」はミスリード。実際はツイッター上での返信レベルの話(篠原修司)

しかし、時間集計にしても40分で140万件のツイートが削除されるのは流石に変な話だと思います。 著名人の実名のアカウントはもちろん、ハンドルネームを使った匿名アカウントもオンライン上のその人のキャラクターを背負っています。 (2020年05月11日笛美さんのnote掲載記事「」より転載。 でゲストの せやろがいおじさんが発言されていたのですが 沖縄では政治のことを話すのがタブーになっていて、どういう伝え方をするかすごく気にされているらしいです。 それによって釣られた利用者が最終的に大勢ツイートをするとスパムツイートの割合は相対的に小さくなるのは必然です。 調べてみたところ、やはりツイッター社が意図時にツイートを削除している可能性が高いと考えられます。

>

「 #検察庁法改正案に抗議します 」ハッシュタグに470万件の声、なぜここまでの炎上が起こるのか

ハフポスト日本版は、データアナリストの田島将太さんとともに、5月8日から15日にかけて拡散に関わったツイートを分析。 しかも広告クリエイターのレジェンド 糸井重里さんまでもが賛同してくれてる…。 これには浅野忠信さんや秋元才加さん、しりあがり寿さんなど多くの著名人もツイート。 法務省、公安調査庁、そして検察庁などが入居する。 9万で、計56万回ツイートしていた。 政府の判断で検察幹部の定年を延長できる規定が「人事や捜査への政治介入を招く」と問題視され、ツイッター上では9日夜から10日朝にかけ「 (ハッシュタグ)検察庁法改正案に抗議します」という投稿が相次いだ。 提供 検察官の定年を引き上げ、定年延長制度を創設する検察庁法改正案。

>

検察庁法改正案に抗議している有名人は誰?名前は?

「みんなが困っているのに対応できていない。 一般の官公庁では、大臣の権限を各部局が分掌するという形で、権限が行使されるが、検察庁において、検察官は、担当する事件に関して、独立して事務を取り扱う立場にある一方で、検事総長・検事長・検事正には、各検察官に対する指揮監督権があり、各検察官の事務の引取移転権(部下が担当している事件に関する事務を自ら引き取って処理したり、他の検察官に割り替えたりできること)がある。 それは間違いではないですから。 は黒川検事長が不起訴にした事件として小渕優子元経産相 「」、松島みどり元法相 「」、甘利明元経済再生担当相 「」、下村博文元文科相 「」、佐川宣寿元国税庁長官以下37名 「」を挙げています。 9日は、「 検察庁法改正案」関連のハッシュタグがされるのが目立った。

>