桜 を 見る 会 追求 本部。 「桜を見る会」追及本部が街頭演説「手応えある」

ジャパンライフの被害状況を弁護士や被害者からヒアリング 桜を見る会追及本部

田村議員が質問で明らかにしたのは、年々費用と参加者の数が増大しているこの「桜を見る会」に、安倍総理以下多数の自民党議員が、自分の地元の後援会員などを多数招待し、税金を乱用してもてなしていたのではないか、という疑惑であった。 (2019年11月25日、日本共産党提供) 2015年の「桜を見る会」に、昨年倒産した磁気治療器メーカー「ジャパンライフ」の会長であった山口隆祥氏を、安倍総理あるいは昭恵夫人が招待していたのではないかという問題である。 立民の福山哲郎幹事長が本部長、共産党の小池晃書記局長が本部長代行を務め、安住淳(立民)、原口一博(国民)、穀田恵二(共産)の各党国対委員長が副本部長を務めます。 また、安倍総理の事務所とホテルの間に金銭のやりとりが発生した場合、政治資金収支報告書への記載がなければ政治資金規正法違反にもなる。 「各界功績者(総理大臣等)」も9494人で、前年から約1900人増えた。 疑惑の真相究明にむけて本格的な調査を行います。 こうした疑念に対し、安倍首相は11月18日、官邸でのぶら下がり取材に、領収書も発行しておらず、経費の明細書ない、と説明した。

>

桜を見る会追及本部発足。宮本徹は副事務局長に

各ルート班の班長も大丈夫なのか?と言いたくなる配置だ。 将棋の「盤面」を用いて、解説したことで、公職選挙法、政治資金規正法上の問題点はかなり理解されたように思える。 この晩餐会は約600人が出席し、予算は1億7200万円となっている。 しかし、この憲法75条の規定で、総理大臣が、自らの犯罪の嫌疑について、在任中、訴追を拒否することができるというのは、一方で、総理大臣自身に犯罪の嫌疑が生じた時には、重大な説明責任が生じるということになる。 前者の法定刑は、「50万円以下の罰金」、後者は、政治資金収支報告書を訂正すれば足りるレベルの問題である。

>

野党が、桜を見る会の追及チームを「追及本部」に格上げへ

官房長官は22日の記者会見で、これまで示さなかった理由を問われ、「私自身は資料そのものを知らない」と釈明した。 22日の追及本部会合では、政府にさらなる資料の提出を要求した。 壮大な無駄遣いが始まった!野党は桜を見る会を追求するためと称して76名の国会議員から構成される追及チームが結成されたのだ。 そんなことも事前に想像ができないというのも驚きだ。 検察が動くかどうかとは関係なく、安倍首相自身の「説明」が「詰んで」いて「説明不能」であることそれ自体が、総理大臣にとって重大な問題なのである。 今年に入って、特定商取引法違反容疑で6都県警が捜査にも乗り出している。 この共闘がちょっと珍しいのは、まず松本氏が共産党員であることだ。

>

野党が、桜を見る会の追及チームを「追及本部」に格上げへ

立民の安住国対委員長は、「(疑惑追及は)年が明けてもずっと続く。 公職選挙法の買収罪や利益誘導罪に抵触するとともに、税金の目的外使用として財政法にも違反している可能性がある。 そして、選対本部長に元民主党の無所属議員の広田一氏、副本部長に立憲の県連代表という態勢で共産候補を支える、想像を超えた共闘がなされているのだ。 立憲民主党の公式によると、蓮舫参院幹事長は11月15日の党会合で次のように述べた。 追及本部事務局長の黒岩宇洋(たかひろ)衆院議員(立憲民主)が「(桜を見る会が)安倍後援会が外に手を伸ばして声を掛けるという、後援会拡大活動の手段になっているということか」と質問すると、野党系県議は「私はそう思っていた」と答えた。 その上で「責任を取るべきは最終決裁者の首相と官房長官だ」と述べ、国会で追及する考えを示した。

>

【一読で流れがわかる!「桜を見る会」疑惑・まとめ第一弾!~11月8日から11月25日まで】安倍応援団の「選挙買収」が真の目的!? 税金を乱費した公的行事「桜を見る会」の招待客には反社勢力までが!

仮に実際1人1万1000円かかるところ、差額の6000円分を安倍総理の事務所が補填したとすると、有権者への「利益供与」として公職選挙法違反の「寄附行為」となり得る。 国会のすべての野党が参加する「総理主催『桜を見る会』追及本部」が25日、発足しました。 招待客からは参加費をとらず、会場となっている新宿御苑の入場料も無料とし、場内では食事や酒類が振る舞われるが、これらの費用は全て税金で賄われる。 問題の名簿は内閣府が作成、管理する公文書。 このスキャンダルは、野党の協力体制をさらに強いものにさせる。 資料の開示を徹底的に要求したい」と強調。

>

「桜を見る会」が5分で分かる。安倍首相の関与、破棄された招待名簿など5つのポイント

そして、紙を裁断する秒数を図ると満足して引き上げていった。 しかも写真を見る限り、裏紙でなく新しい紙を使われているようだ。 しかも、その活動は、安倍総理の地元に押し掛けてみたり、シュレッダーを見学してみたりと意味不明な行動ばかりだったのだ。 ジャパンライフの被害者から事情を聞いたのちに、出席した議員からは、「ジャパンライフの説明会で『桜を見る会』の招待状を見せられたことでジャパンライフを信用して何千万円も被害を受けた人がいる。 国会議員1人当たりかかるコストは、月額129万4000円の歳費と月額100万円の文書通信交通滞在費である。

>

「桜を見る会」が5分で分かる。安倍首相の関与、破棄された招待名簿など5つのポイント

あの原口一博衆議院議員ですら、繰り返し注意するほど、「合同ヒアリング」と称して官僚への不毛ないじめを連日、私たちの税金で行っているのだ!!! 『桜を見る会』野党追及本部ヒアリング。 安倍首相が毎年多くの芸能人に囲まれた映像で報道される「桜を見る会」は、すでに多くの国民におなじみで、このスキャンダルは、モリカケなどと違って、圧倒的な「分かりやすさ」が特徴である。 11月25日の参議院行政監視委員会で、再び田村智子議員が鋭い一撃を放った。 そのあと5月の宮本徹さんの衆議院での質問。 というのも、ここ最近、野党の動きがいつもと違うのだ。

>