K1 開催。 2021年2月10日(水)K

【K

html 日本に限らず、世界中でパンデミックを起こしている新型コロナウイルスですが、今だに収束の目途は経っていません。 「K-1 AWARDS(ケイワン・アウォーズ)」はK-1 JAPAN GROUPが開催したプロイベント(K-1・Krush・KHAOS)とK-1アマチュアのすべての大会と出場選手を対象にした年間表彰式です。 しかし、主催者側は自粛に応じず、「来場者へのマスク配布」「チケットの半券に住所や電話番号を記入し、感染者が出た際には追跡できるような環境づくり」などを約束して開催されたという。 に 匿名 より• 続けて、「主催者には、可能な限りの防疫措置をとること、万が一の場合に備え、入場者全員の連絡先を得ること等を指示しました」とした。 というのも、新生k-1は旧K-1のように、強い外人選手をたくさん呼びまくってギャラが高騰しているというわけではありませんし、日本人選手のギャラは相当安いようなので、この噂はあまり当たっていないようにも思えます。 ムエタイ絡みの感染者数は今後も大幅に増えるとみられており、タイ政府は22日からバンコクにおいて商業施設や娯楽施設の営業を3週間禁止する異例の通達を行うなど危機感を強めている。 この日は大野知事もイベント前に会場を訪れた。

>

【皆に考えて欲しい】K

そして「何度も要請したにもかかわらず、協力いただけずに開催したことは残念です。 こんな最悪のタイミングで、しかも屋内で6000人以上もの観客を集めてイベントを強行してしまうなど言語道断。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国や県から開催自粛を要請されていたにもかかわらず、3月22日に決行された格闘技イベント「K-1」。 約30もの試合が組まれ、国内最大級のキックボクシングの祭典である。 今年で3年連続となるが、おそらく過去の例から推察するに1万人規模の来場者となるだろう。

>

ということで、結論として、新型コロナウイルスでもイベントをK-1が強行する理由は、 「お金儲けがしたい。 いろいろあったが、最大限の予防策を講じて開催することになった」などと開催を決断した経緯を語った。 しかしそんな中、2020年3月に開催予定とされていたK-1ケーズフェスタも当然中止になるのかと思いきや…… 混乱した状況の中、 まさかまさかの強行開催する意向を示しました。 仮にイベントが中止になって、全チケットを払い戻し…なんてことになれば大損害を被りますからね。 案の定、チケットはほとんど売れず、ツイッターでは参加選手が悲鳴を上げております(K-1の場合、チケットは選手達各々で手売りが基本)。

>

中村拓己(K

タイの格闘技・ムエタイが行われる屋内施設「ルンピニー・スタジアム」と「ラジャナムダン・スタジアム」などで大規模なクラスター感染が発生したことが、大きな引き金となっているのだ。 取材は終わっているのですが、まだ公表されてはいない。 この情報は保健所から厚労省に伝えられたという。 あんた誰や!!!・・・・・・・な選手です。 大会開催前から西村康稔経済再生担当相と埼玉県・大野元裕知事は主催者側に自粛を要請。

>

202003ウイルス蔓延強行開催したK-1主催者は朝鮮学校出身総連関係者だった!

親戚にお湯を飲ませれば予防できる》と記載されていたという情報もあります。 スーパーアリーナからは協力していただいています。 今回は、世界保健機関であるWHOがパンデミック宣言するほどの非常事態です。 関連記事です。 こうした行為について専門家から再三に渡って飛沫感染(たとえマスクをしていても危険度は〝ゼロ〟にならないことは、あらゆる医療機関の研究でも実証済み)などのリスクが増大すると警告されていても、K-1の主催者は聞く耳を持たなかった。

>

【K

3月22日に開催予定とされていたK-1ビックイベント「ケーズフェスタ」も当然中止になるのかと思いきや…中止の発表は、イベント開催日の1週間前でもされることなく、、、 遂には、強行開催されることが決定してしまいました。 そんな状況の中、今回K-1が強行開催する理由は何なんでしょうか? K-1は強行開催せざるを得ないほど、資金繰りが圧迫しているという噂もありますが、真相は定かではありません。 知事も朝鮮人にはかなわない。 政府が自粛を要請しているなかでの開催については「自粛の話題は出たが、開催の方向でさいたまスーパーアリーナとも話をして、予防策を講じることにより開催するということに至った」そして「万全の対策ができるなら」と開催の決断に至ったという。 に ヒロヒロ より• そんな事があってよいのか?と産業側の立場に居る人間として感じますし、私としては業界識者の端くれとして、そして他の人達よりは少しばかり社会に対する「声」が大きい人間として、そのことを問いかけ続けてゆく所存であります。 リングサイド周辺では完全な〝ぎゅうぎゅう詰め〟になっていた。 自粛要請もK-1開催 主催者「最大限の対応策とり決定」 この開催強行判断に関して、既に様々な方がコメントを寄せていますが、私が特に注目したのが以下の2名のコメントです。

>

【K

以下、NHKより転載。 政府、そして自治体から自粛要請を無視して開催を決行した事実は我々としても到底看過できない」とJリーグ関係者も顔をしかめていた。 ここまで他国と比べて感染を抑え込んでいたと思われたが、今月中旬から首都バンコクを中心に急速な蔓延が始まった。 01 来る2021年2月10日(水)「K-1 AWARDS 2020」の開催が決定した。 中村氏は冒頭「もともと開催が決まっていたイベントで準備をしていた。

>