主 は 冷たい 土 の 中 に。 主人は冷たい土の中に フォスター 歌詞・日本語訳と試聴

主人(あるじ)は冷たい土の中に

また、作詞の「春風」はこの楽曲の旋律を転用しているが、歌詞は原曲と無関係なものになっている。 歌詞の内容は、原曲とはまったく関係がない。 思い出さそうよ 吹く風も 帰らぬ主 あるじ の あと追うように 今もなお 目に浮かぶ 姿よ眠れよ 大地は静か 2. 1 Round de meadows am a ringing De darkey's mournful song While de mocking bird am singing Happy as de day am long 草原に響き渡る黒人達の悲しみの歌 過ぎ去りし日の幸せをマネツグミが歌う Where de ivy am a creeping O'er de grassy mound Dare old massa am sleeping Sleeping in de cold, cold graound ツタが這う草深い土手に 主人は眠る、冷たい、冷たい土の中に <chorus> Down in de cornfield Hear dat mournful sound All de darkeys am a weeping Massa's in de cold, cold gound トウモロコシ畑では、悲しみの歌が聞こえる 黒人たちも皆泣いている 主人は眠る、冷たい、冷たい土の中に 2 When de autumn leaves were falling When de days were cold 'Twas hard to hear old massa calling Cayse he was so weak and old 秋の落葉、そして寒い日々がやって来る頃は、 主人の呼ぶ声が聞き取りづらい 彼はもう年老いて弱っていたから Now do orange tree am blooming On de sandy shore Now de summer days am comming Massa nebber calls no more オレンジの木が茂り 砂浜に夏がやって来ても 主人の呼び声はもうしない <chorus> 3 Massa made de darkeys love him Cayse he was so kind Now, dey sadly weep above him Mournin cayse he leave dem behind 主人は黒人たちに愛されていた 彼はとても優しかったから 残された彼らはただ嘆き悲しむばかり I can not work before tomorrow Cayse de teardrop flow I try to drive away my sorrow Pickin' on de old banjo 働けないほどに涙は止まらない 古いバンジョーでもつまびいてみようか 悲しみを振り払うために 関連ページ 『おおスザンナ』、『懐かしきケンタッキーの我が家』、『金髪のジェニー』、『夢路より』など、19世紀アメリカで活躍した音楽家スティーブン・フォスター名曲集 『アメイジング・グレイス』、『森のくまさん』、『峠の我が家』、『オーラリー』など、日本でも有名なアメリカ民謡・歌曲特集。 また、ケンタッキーフライドチキンのCMで有名なも黒人霊歌の一つ。 主人は冷たい土の中に Massa's in De Cold Ground フォスター歌曲/主人は眠る、冷たい、冷たい土の中に 『主人は冷たい土の中に』は、19世紀の音楽家フォスターにより1852年に作曲されたアメリカ歌曲。 ちなみに、同じくプランテーションソングのは、故郷を遠く離れ、アメリカのプランテーションで強制労働させられる黒人達の郷愁の想いをうたった曲。 ちなみに、「吹けそよそよ吹け 春風よ」が歌い出しの日本の唱歌『』は、『主人は冷たい土の中に』のメロディに日本語の歌詞がつけられた歌曲。

>

主人は冷たい土の中にとは

歌詞 [ ] 原曲は詞・曲とも満了。 概要 [ ] 「(スワニー河)」が発表された翌年の1852年に発表された。 概要 [編集 ] 「(スワニー河)」が発表された翌年の1852年に発表された。 の年老いた主人が亡くなり、そこのとして働いていたらが、優しく皆に慕われていた主人を偲んで嘆き悲しむという内容。 この楽曲のは、ジョセフ・C・ラドゲイト( - )が新規に歌詞を付けてに発表した" A friend of Jesus! 加藤義清作詞の「春風」は、。 小鳥はさえずり 野はみのり 寂しく春秋 いつしか過ぎて 今もなお 目に浮かぶ 姿よ夕べに はるかにしのぶ 水田詩仙訳詞の「主人は冷たき土の下に」は、。 フォスターが南部を旅行した際に書かれたの1つであり、表題の"Massa"("Master"の訛り)をはじめフォスターの他のプランテーション・ソングと同様にが歌詞に多用されている。

>

主人は冷たい土の中に

日本における紹介 [編集 ] この楽曲は初期にで紹介され、現在も広く歌われている。 また、作詞の「夕の鐘」 は、1953年に公開された映画、監督の『』の最後の方で挿入歌として使われている。 農園を仕切っていた年老いた園主(主人)が亡くなり、そこで働いていた黒人達が、優しかった主人を偲んで嘆き悲しむという内容。 また、作詞の「夕の鐘」 は、1953年に公開された映画、監督の『』の最後の方で挿入歌として使われている。 日本における紹介 [ ] この楽曲は初期にで紹介され、現在も広く歌われている。 小津安二郎のフォスター好きは有名であり、映画の公開当時は音楽の教科書にも載っていた。 フォスターが南部を旅行した際に書かれたの1つであり、表題の"Massa"("Master"の訛り)をはじめフォスターの他のプランテーション・ソングと同様にが歌詞に多用されている。

>

主人は冷たい土の中に

(訳) 1 Round de meadows am a ringing De darkey's mournful song While de mocking bird am singing Happy as de day am long Where de ivy am a creeping O'er de grassy mound Dare old massa am sleeping Sleeping in de cold, cold graound chorus Down in de cornfield Hear dat mournful sound All de darkeys am a weeping Massa's in de cold, cold gound 2 When de autumn leaves were falling When de days were cold Twas hard to hear old massa calling Cayse he was so weak and old Now do orange tree am blooming On de sandy shore Now de summer days am comming Massa nebber calls no more chorus 3 Massa made de darkeys love him Cayse he was so kind Now, dey sadly weep above him Mournin cayse he leave dem behind I can not work before tomorrow Cayse de teardrop flow I try to drive away my sorrow Pickin' on de old banjo 1 草原に響きわたる 黒き同胞たちの哀歌 マネツグミたちは楽しく 戻らぬ日々を歌う ツタの生い茂る 草葉の陰の墳丘に あの優しかった主人は眠る 冷たい、冷たい土の中に (コーラス) トウモロコシ畑の一面に 悲哀の歌が聞こえる 黒き同胞たちが涙を流し 主人は眠る、あの冷たい土の中に 2 秋の落葉、そして寒さが訪れる頃には 老いた主人の呼び声は聞こえなくなった 彼はもう歳を重ねて すっかり弱り切っていたから オレンジの木が花を咲かせ 砂浜に夏が訪れたのに この暑い盛りにはもう 主人の呼び声を聞くことはない (コーラス) 3 主人は黒き同胞たちに愛されていた 彼はとても優しかった 残された者たちは皆 先立った主人を想い悲嘆にくれる もう明日から仕事も手に付かないだろう ただただ涙が止まらない どうしてこの悲しみを振り払おうか 使い古したバンジョーでも弾いてみようか 脚注 [編集 ] 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。 青く晴れた空 白い雲 そよ風優しく 昔を語る 思い出す あの笑顔 眠れよ静かに 静かに眠れ 2. この楽曲のは、ジョセフ・C・ラドゲイト( - )が新規に歌詞を付けてに発表した" A friend of Jesus!。 歌詞 [編集 ] 原曲は詞・曲とも満了。 最初期のは「お優しかった御主人様」の表題で 、後にの「主人は冷たい土の中に」が広く用いられるようになったが、その他にも様々な訳題が存在する 訳詞はによる「静かに眠れ」のが付いたものが広く知られており、のにも採用されている 他、やの訳詞も存在する。 呼んでも還らぬ 遠い日よ 春夏秋冬 月日は巡る 思い出す あの笑顔 眠れよ静かに 静かに眠れ 勝承夫訳詞 1. (訳) 1 Round de meadows am a ringing De darkey's mournful song While de mocking bird am singing Happy as de day am long Where de ivy am a creeping O'er de grassy mound Dare old massa am sleeping Sleeping in de cold, cold graound chorus Down in de cornfield Hear dat mournful sound All de darkeys am a weeping Massa's in de cold, cold gound 2 When de autumn leaves were falling When de days were cold Twas hard to hear old massa calling Cayse he was so weak and old Now do orange tree am blooming On de sandy shore Now de summer days am comming Massa nebber calls no more chorus 3 Massa made de darkeys love him Cayse he was so kind Now, dey sadly weep above him Mournin cayse he leave dem behind I can not work before tomorrow Cayse de teardrop flow I try to drive away my sorrow Pickin' on de old banjo 1 草原に響きわたる 黒き同胞たちの哀歌 マネツグミたちは楽しく 戻らぬ日々を歌う ツタの生い茂る 草葉の陰の墳丘に あの優しかった主人は眠る 冷たい、冷たい土の中に (コーラス) トウモロコシ畑の一面に 悲哀の歌が聞こえる 黒き同胞たちが涙を流し 主人は眠る、あの冷たい土の中に 2 秋の落葉、そして寒さが訪れる頃には 老いた主人の呼び声は聞こえなくなった 彼はもう歳を重ねて すっかり弱り切っていたから オレンジの木が花を咲かせ 砂浜に夏が訪れたのに この暑い盛りにはもう 主人の呼び声を聞くことはない (コーラス) 3 主人は黒き同胞たちに愛されていた 彼はとても優しかった 残された者たちは皆 先立った主人を想い悲嘆にくれる もう明日から仕事も手に付かないだろう ただただ涙が止まらない どうしてこの悲しみを振り払おうか 使い古したバンジョーでも弾いてみようか 脚注 [ ] 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。 最初期のは「お優しかった御主人様」の表題で 、後にの「主人は冷たい土の中に」が広く用いられるようになったが、その他にも様々な訳題が存在する 訳詞は武井君子による「静かに眠れ」のが付いたものが広く知られており、のにも採用されている 他、やの訳詞も存在する。

>

主人(あるじ)は冷たい土の中に

また、加藤義清作詞の「春風」はこの楽曲の旋律を転用しているが、歌詞は原曲と無関係なものになっている。 『主は冷たい土の中に』、『主人は冷たい土の下に』などとも表記される。 綿花畑などのプランテーションでの黒人達の悲哀を歌ったプランテーション・ソングの一つ。 の年老いた主人が亡くなり、そこのとして働いていたらが、優しく皆に慕われていた主人を偲んで嘆き悲しむという内容。 小津安二郎のフォスター好きは有名であり、映画の公開当時は音楽の教科書にも載っていた。

>

主人は冷たい土の中にとは

。 。 。 。 。 。

>

主人は冷たい土の中に

。 。 。 。 。

>

主人(あるじ)は冷たい土の中に

。 。 。 。 。 。

>