天皇 賞 春 過去。 【天皇賞春】予想 過去10年の傾向とデータからの注目ポイントにデータ通りなら大波乱

2019天皇賞(春) 過去20年のレースデータ(1着馬、血統、配当など)

1周目は比較的ゆっくり回り、2周目からペースアップし、下り坂を駆け下りて一気にゴールに雪崩れ込むパターンが多い。 また、道中の距離ロスは少ない方が良いので内側を走りやすい内枠が有利となる。 近戦は前目ポジションからの競馬が続いてますが、イマイチ結果を残せてませんね… 2019天皇賞春で4着、日経賞・菊花賞・神戸新聞杯でオール2着と好走していますので長距離レース適性は充分ありそうなのですが。 力を持っている馬が素直に強い重賞です。 これまで牝馬は[0-0-0-6]の成績で苦戦ですが、過去データ的には面白い1頭だと思います。 穴もノーザンF系です。 前走4〜6人気もそこそこ優秀で前走着順に関わらず来る時は来てますので扱いが難しいですね… 前走距離別 [3-3-0-0]2000m [2-1-1-0]2200m [0-1-2-0]2400m [2-2-2-0]2500m [3-2-5-0]3000m [0-1-0-0]3400m これは前走距離というよりかは、大阪杯・京都記念・日経賞・阪神大賞典と考えて良さそうですねw 前走開催場所別 [3-2-2-0]中山 [1-2-1-0]京都 [6-6-6-0]阪神 [0-0-1-0]東京 前走阪神組が優秀で中山・京都と続きます。

>

天皇賞・春2020予想|過去の傾向とデータ分析│重賞ナビ

過去の動画を見ても分かるように あるクセを持っていると上位入賞しやすいなど、 分かりやすく説明されています。 その制度が撤廃されてから今までに9頭の馬が2回以上勝利しています。 。 「情報」だけでは競馬に勝てない「投資」だけでは資産が増えない…それぞれのデメリットを排除し、メリットを最大限に引き出し、有効的な本当の投資競馬を提案しております。 今年出場するキタサンブラックも昨年度の優勝馬であり連覇に期待が寄せられています。 残りの9頭がG1で2着3着の経験馬でした。

>

天皇賞2020予想┃過去10年データより菊花賞馬1着馬+リピーター馬に注目!

1レースの投資金が低いためローリスクで勝負できるが、買うレースが1・2レースではなく若干多いので面倒くさがり屋には向かない。 0 武 豊 58 大阪杯 G2 2000m 阪神 2 5 1 2016良 2 3 13 99. 過去10年ディープインパクト産駒は1勝【1-2-1-13】• この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。 9 武 幸四郎 58 大阪-ハンブルクカップ OP 2400m 阪神 11 5 3 2009良 1 2 12 46. 8 8 - 6 - 7 - 4 日経賞 1 4 3 6 12 ドリームジャーニー 牡5 58. 今回、ハイヴォルテージでは 天皇賞をメインで予想しているので 期待が持てます。 本当に休業してほしいなら 政府はもう少し真面目に考えないといけないですね。 脚質別 [0-0-1-0]逃げ [1-2-3-0]先行 [4-2-2-0]差し [1-2-0-0]追込 むちゃくちゃ差しが決まる馬場になってますね… 上がりも33秒〜34秒前半が出てますし、高速馬場と考えて良さそうです。 まとめ 京都競馬場3200mという特殊舞台で行われる 天皇賞春ですが、近年の傾向からすると 折り合いがついて、エンジンがかかった時に加速できる馬が活躍しています。 京都戦績[0-0-0-2]というのも中々の不安材料ですし… という感じで、最後キッチリ伸びてくる末脚に期待しつつも、届かない可能性も大きいのでは…という不安もある1頭ですかね。

>

天皇賞春2017 過去データ分析 前走データから穴馬みつけました

特に明け4歳馬が強いです。 2014年 1着 戸田厩舎 2着 松永(昌)厩舎 3着 松永(康)厩舎 2015年 1着 須貝厩舎 2着 宗像厩舎 3着 平田厩舎 2016年 1着 清水厩舎 2着 平田厩舎 3着 友道厩舎 2017年 1着 清水厩舎 2着 友道厩舎 3着 池江厩舎 2018年 1着 浅見厩舎 2着 友道厩舎 3着 宮本厩舎 キタサンブラックと武豊騎手のコンビで2連覇をした年があるので、厩舎から判断をするのは難しいのが本音です。 その分プラスに導いてくれる。 天皇賞春2020枠順確定14頭と予想オッズ 枠順馬番 予想オッズ 馬名 性齢 負担重量 騎手 1枠1番 10. 天皇賞・春は、京都競馬場・芝3200メートルを舞台に古馬最高の栄誉を懸けて争われる、長い歴史と伝統を誇る競走である。 天皇賞・春の概要と歴史 天皇賞・春は京都競馬場・芝3200mの長丁場でおこなわれるレースになります。 それでは、天皇賞春2020の予想や過去データ傾向を紹介していきます。

>

天皇賞・春 過去好走馬傾向2020【過去成績データ】

キセキ、ミッキースワローが前走1番人気。 会場となる京都競馬場の紹介と共に、過去の結果からわかる傾向を探りましょう。 2016年と2017年の勝ち馬はキタサンブラックなので、これを除くとステイゴールドとハーツクライの独壇場となっています。 4 9 - 9 - 6 - 2 京都記念 1 6 3 7 13 レッドカドー セ7 58. キセキ 過去10年で消えた人気馬 フォゲッタブル1番人気6着 トゥザグローリー1番人気13着 オルフェーヴル1番人気11着 ゴールドシップ1番人気5着 キズナ1番人気4着 キズナ1番人気7着 ゴールドアクター1番人気12着 エタリオウ2番人気4着 枠順別成績 枠順 戦績 3着内率 1枠 4-1-1-13 20. 6秒を14番手で追走、4コーナーで外へ出して直線一気に追い込んで2着 1着:ミライヘノツバサ 2着:メイショウテンゲン 3着:オセアグレイト 5着:タイセイトレイル 前走の阪神大賞典、2走前のダイヤモンドSともに中団〜後方で落ち着いて追走し、最後の直線で堅実に脚を伸ばして好走していますね。 競馬劇場 プロの見解付きの無料予想が送られてきたり、細かい追切考察あり。

>

天皇賞春2020を過去傾向・注目馬・展開から予想|Rin|note

ステイゴールド、ハーツクライ産駒が好成績• 中でもステイゴールド産駒の成績はいいですね。 9~18番【0-1-1-57】 馬番で9番より外から3着に入ったのは9頭いましたが、そのうち7頭が当日3番人気以内。 window. 【2020天皇賞・春 過去成績 偏差値予想表 】 日曜日に京都競馬場では天皇賞・春が行われます。 2 福永 祐一 58 阪神大賞典 G2 3000m 阪神 2 2 2 3 15 2 2. 今回のレースは長期戦なので、出遅れたとしてもじっくり行けば基礎スピードと能力の高さで勝負どころで仕掛ければ充分好走できそうなのですが… 前走阪神大賞典で見せたようなムキになって前へ行く走りをしてしまうと最後までもたないでしょうね。 その他で考えると福永騎手が今年は調子が良いだけに期待できるのではないでしょうか。 前走東開催は2番人気以内+2着以内• 2 9 3 5 牡6 ミッキースワロー 4 日経賞 G2 1着 -0. 0 松若風 [栗]音無秀 4 5 ミッキースワロー 牡6 58. 競馬はデジタル的な予想とアナログ的な予想の融合が理想だと思います。

>

天皇賞春2020を過去傾向・注目馬・展開から予想|Rin|note

2014年 1着 フェノーメノ 牡5 日経賞 5着 2着 ウインバリアシオン 牡6 日経賞 1着 3着 ホッコーブレーヴ 牡6 日経賞 2着 2015年 1着 ゴールドシップ 牡6 阪神大賞典 1着 2着 フェイムゲーム 牡5 ダイヤモンドS 1着 3着 カレンミロティック セン7 阪神大賞典 4着 2016年 1着 キタサンブラック 牡4 大阪杯 2着 2着 カレンミロティック セン8 阪神大賞典 6着 3着 シュヴァルグラン 牡4 阪神大賞典 1着 2017年 1着 キタサンブラック 牡5 大阪杯 1着 2着 シュヴァルグラン 牡5 阪神大賞典 2着 3着 サトノダイヤモンド 牡4 阪神大賞典 1着 2018年 1着 レインボーライン 牡5 阪神大賞典 1着 2着 シュヴァルグラン 牡6 大阪杯 13着 3着 クリンチャー 牡4 阪神大賞典 3着 以前は前走を日経賞の組が強いイメージもありましたが、ここ数年は阪神大賞典か大阪杯での好走組が目立ちます。 また、フィエールマンが大外8枠14番を引いたことが個人的にはプラスに見え、鉄砲が利くと言っても、いきなりの本番を考えれば、ストレス無く好位を追走しながら、淀の下り坂から速くなるタイミングでスッと先団に取り付く。 能力と適性、展開で正々堂々と予想していきましょう。 近2走以内に条件戦に出走[0-0-0-10]• 2 2 - 2 - 2 - 1 日経賞 1 6 3 2 4 メイショウドンタク 牡4 58. 後ろから進めた前走から一転、先行策からのハナ差2着の好走でした。 ボールドルーラー系【0-1-1-2】 勝率が高いのはノーザンダンサー系ですが、シュヴァルグランやグローリーヴェイズと母父ミスプロ系が3年連続2着。

>

天皇賞(秋)(過去GⅠ成績) JRA

今回はデータの部分になるので、ある程度参考にすることをオススメします。 血統予想に特化した真の血統予想サイトです。 表はスクロールすることができます 回 年 優勝馬 成績 レース映像 第162回 2020年 アーモンドアイ 第160回 2019年 アーモンドアイ 第158回 2018年 レイデオロ 第156回 2017年 キタサンブラック 第154回 2016年 モーリス 第152回 2015年 ラブリーデイ 第150回 2014年 スピルバーグ 第148回 2013年 ジャスタウェイ 第146回 2012年 エイシンフラッシュ 第144回 2011年 トーセンジョーダン 第142回 2010年 ブエナビスタ 第140回 2009年 カンパニー 第138回 2008年 ウオッカ 第136回 2007年 メイショウサムソン 第134回 2006年 ダイワメジャー 第132回 2005年 ヘヴンリーロマンス 第130回 2004年 ゼンノロブロイ 第128回 2003年 シンボリクリスエス 第126回 2002年 シンボリクリスエス 第124回 2001年 アグネスデジタル 第122回 2000年 テイエムオペラオー 第120回 1999年 スペシャルウィーク 第118回 1998年 オフサイドトラップ 第116回 1997年 エアグルーヴ 第114回 1996年 バブルガムフェロー 第112回 1995年 サクラチトセオー 第110回 1994年 ネーハイシーザー 第108回 1993年 ヤマニンゼファー 第106回 1992年 レッツゴーターキン 第104回 1991年 プレクラスニー 第102回 1990年 ヤエノムテキ 第100回 1989年 スーパークリーク 第98回 1988年 タマモクロス 第96回 1987年 ニッポーテイオー 第94回 1986年 サクラユタカオー 第92回 1985年 ギャロップダイナ 第90回 1984年 ミスターシービー 第88回 1983年 キョウエイプロミス 第86回 1982年 メジロティターン 第84回 1981年 ホウヨウボーイ 第82回 1980年 プリテイキャスト 第80回 1979年 スリージャイアンツ 第78回 1978年 テンメイ 第76回 1977年 ホクトボーイ 第74回 1976年 アイフル 第72回 1975年 フジノパーシア 第70回 1974年 カミノテシオ 第68回 1973年 タニノチカラ 第66回 1972年 ヤマニンウエーブ 第64回 1971年 トウメイ 第62回 1970年 メジロアサマ 第60回 1969年 メジロタイヨウ 第58回 1968年 ニットエイト 第56回 1967年 カブトシロー 第54回 1966年 コレヒデ 第52回 1965年 シンザン 第50回 1964年 ヤマトキヨウダイ 第48回 1963年 リユウフオーレル 第46回 1962年 クリヒデ 第44回 1961年 タカマガハラ 第42回 1960年 オーテモン 第40回 1959年 ガーネツト 第38回 1958年 セルローズ 第36回 1957年 ハクチカラ 第34回 1956年 ミツドフアーム 第32回 1955年 ダイナナホウシユウ 第30回 1954年 オパールオーキツト 第28回 1953年 クインナルビー 第26回 1952年 トラックオー 第24回 1951年 ハタカゼ 第22回 1950年 ヤシマドオター 第20回 1949年 ニューフォード 第18回 1948年 カツフジ 第16回 1947年 トヨウメ 第13回 1943年 クリヒカリ 第11回 1942年 ニパトア 第9回 1941年 エステイツ 第7回 1940年 ロッキーモアー 第5回 1939年 テツモン 第3回 1938年 ヒサトモ 第1回 1937年 ハッピーマイト. 阪神大賞典組で特に注目したいのが、菊花賞で勝ち馬からコンマ4秒差の5着に好走したメロディーレーン。 ・6歳以上で前走6番人気以下かつ1. 記録参照:JRA公式ホームページ 2014年 京都・芝3200m 良 1着 4枠7番 フェノーメノ 牡5 蛯名正義 戸田厩舎 4番人気 2着 6枠12番 ウインバリアシオン 牡6 武幸四郎 松永(昌)厩舎 3番人気 3着 3枠6番 ホッコーブレーヴ 牡6 田辺裕信 松永(康)厩舎 12番人気 2015年 京都・芝3200m 良 1着 1枠1番 ゴールドシップ 牡6 横山典弘 須貝厩舎 2番人気 2着 7枠14番 フェイムゲーム 牡5 北村宏司 宗像厩舎 7番人気 3着 1枠2番 カレンミロティック セン7 蛯名正義 平田厩舎 10番人気 2016年 京都・芝3200m 良 1着 1枠1番 キタサンブラック 牡4 武豊 清水厩舎 2番人気 2着 2枠3番 カレンミロティック セン8 池添謙一 平田厩舎 13番人気 3着 4枠8番 シュヴァルグラン 牡4 福永祐一 友道厩舎 3番人気 2017年 京都・芝3200m 良 1着 2枠3番 キタサンブラック 牡5 武豊 清水厩舎 1番人気 2着 3枠6番 シュヴァルグラン 牡5 福永祐一 友道厩舎 4番人気 3着 8枠15番 サトノダイヤモンド 牡4 C. 好調だった頃のレースを確認すると 1. 1のこの馬をココに推させて頂きます。 3 横山 典弘 58 日経賞(G2) 2500m 中山 1 1 3 2019良 1 10 1 2. 中央競馬では12月8日に中山4Rが23万馬券6口投票の130万オーバーは圧巻でしたが、 G1も天皇賞秋で3連単88. 6 2 2011稍重 2 2 牡4 ヒルノダムール 7 大阪杯 G2 1着 -0. 天皇賞・春を人的要素で考える 天皇賞・春を人的要素で考えてみます。 10番人気以下【0-0-0-6】 前走が西開催の重賞だった馬は下位人気でも3着以内に入っていれば抑えられます。

>